本当の鍼灸治療 3

慢性症の急性症状で来院されるケースが多いのですが、一時的に楽になるためでは無く、本当の意味で楽になって頂く、もう2度と悩まないためには慢性症の方の根本原因を突き止める必要があります。

これが初診時に行う問診・検査・の大きな意味になります。

問診では来院原因の症状をお聞きした後に、体全体で起きているその他の症状をしっかりとお聞きして把握して行きます。

その後検査で慢性症であり急性症状の原因を特定します。

この2つのプロセスは非常に大切ですので、初診では1時間ほどお時間を頂いています。

この問診・検査をしっかり行って初めて鍼灸の治療方針が立ち、患者様を完治させる治療計画が整って来ます。

どの様な症状であってもあっという間に治す様な魔法はこの世には存在しません。

ルルドの泉ぐらいでしょうか。